• HOME
  • クリニック紹介
  • 診療時間・アクセス
  • 料金一覧
ホーム > 審美メニュー > クラウン

歯並びと歯の色の悪さを同時に解決したい方へ

セラミッククラウン
セラミッククラウンのイメージ セラミッククラウンは、クラウン全体がセラミック(陶器)で出来ている白の陶材のかぶせ物です。特にオールセラミックスを使用すれば、金属を一切使用していないクラウンなので、色調の点でもきわめて自然の歯に近いものを再現することができ、前歯など審美性が重要な部分の歯の治療に最適です。
また、金属を一切使用していないため、金属アレルギーの方も安心して治療を受けることができます。
ジルコニアクラウン
ジルコニアクラウンのイメージ 今までの差し歯では内面に金属部分を使用していたのですが、ジルコニアオールセラミッククラウンでは酸化ジルコニウムと呼ばれる高強度ファインセラミックを用いて作られました。
酸化ジルコニウムとは、人工股関節の一部分やスペースシャトルの断熱保護剤など医療から工業関係にまでさまざまな用途で用いられております。これは酸化ジルコニウムの性質に優れた耐久性、高い強度、耐腐食性、安全性、生体親和性などが実証されているからです。
また、金属を使用していないため、銀イオンによって歯茎が黒くなってしまうことや、歯茎の退縮が起こりません。
ジルコニアクラウンの特徴
ジルコニアクラウンの特徴のイメージ 従来の金属を使っていない差し歯(オールセラミッククラウン)は、外部、内部の両方ともセラミック単体で制作を行っていたため、金属を使用した差し歯に比べると、割れやすいという欠点がありました。
強度に関しても、金属を使用した差し歯よりも劣っているため、奥歯に使えないということが多くありました。
ジルコニアオールセラミッククラウンは、今までのオールセラミッククラウンと比較すると各段に強度が増しています。特に奥歯に関しては、金属を使った場合のセラミッククラウンによく起こりがちなセラミックの欠けが起きにくい等、今までの金属を使った差し歯と比べても、優れた特徴があります。
  • ジルコニアオールセラミッククラウンは、従来のものより高い強度があります。
    ジルコニアを主原料に製作しているため、前歯の差し歯だけではなく、奥歯の被せ物などにも効果的に使用することができます。
  • ジルコニアオールセラミッククラウンは、長期的に使用しても安定している。
    ジルコニアは性質上、結晶構造が緻密なので、耐久性、耐腐食性に優れており、長期間であっても強度が安定します。
  • ジルコニアオールセラミッククラウンは、見た目による審美性が非常に高いです。
    ジルコニアを主原料としているため、従来の差し歯と比較すると透明性が高く、自然感を得ることができます。また、金属を使用していないので、従来の差し歯でよくある「歯茎が黒くなる」などの問題点を解決することができます。
  • ジルコニアオールセラミッククラウンは、素材としても有害でないため歯や歯茎に馴染みやすいです。
    ジルコニアを主原料にしていることで、従来の金属を使用した差し歯よりも、優れた生体親和性が得られます。
イーマックス
イーマックスのイメージ イーマックスは曲げ強度の高いセラミックス材料を使用しております。クラウンだけではなく、ラミネートベニア、セラミックインレー、ブリッジなどにも応用できる素材です。

セラミッククラウンは、クラウン全体がセラミック(陶器)で出来ている白の陶材のかぶせ物です。特にオールセラミックスを使用すれば、金属を一切使 用していないクラウンなので、色調の点でもきわめて自然の歯に近いものを再現することができ、前歯など審美性が重要な部分の歯の治療に最適です。
また、金属を一切使用していないため、金属アレルギーの方も安心して治療を受けることができます。

クラウンのイメージ 検査を行い、既存のクラウンから型を取ります。この型は新しいクラウンの製作に使用されます。
クラウンのイメージ 天然歯に最小限の形成または調整を行います。そこに仮の歯を装着します。1週間ほど後、最終的なクラウンをしっかりと装着します。
クラウンのイメージ 天然歯と同様な新しい歯を得ることができます。歯科医師や衛生士がおすすめする通常の手順で歯ブラシやフロスによるお手入れをしてください。
セラミッククラウンのメリット・デメリット
メリット ・治療後に変色が起こることなく、歯の白さを自由に変えることができる
・むし歯によって失われた部分が大きくても、対応ができる
・ある程度であれば歯並びや噛み合わせを整ええることができる
デメリット ・歯を削る量が多くなるため、知覚過敏の症状がでる可能性がある
・症状によっては神経を取る必要がある
費用
セラミッククラウン \150,000~
料金一覧